ケアマネが給料アップ!

他業種より昇給がしづらい介護業界の給料事情から、ケアマネが給料アップを目指すための方法を紹介しています。当ウェブサイトへのお問い合わせは【こちらまで】お寄せください。

2017.11.22

待遇の良い職場に転職

給料が高い施設はどんなところ?

施設によって給料が違う

ケアマネの給料は、求人情報に書かれている詳細では、基本20万円〜30万円前半です。しかし介護施設によって違い、中には30万円〜35万円の求人もあります。給料の高さの違いはその施設の運営母体が関わっています。では、どのような施設でケアマネの給料が高くなるのか紹介します。

病院の施設は給料が高い

まずケアマネの給料が高い求人の多くは病院が経営している施設が多いです。最近は、病院で医療だけではなく介護サービスも包括的に行っているところがあります。そのため、病院の中にある施設でケアプランを作成するケアマネが必要になり求人を出しています。病院の中でも特に総合病院のような大規模病院は、手当や福利厚生がしっかりしているため、資格手当、扶養手当、住宅手当、職種手当なども付いています。基本給が低くても各種手当がきちんと支給されると、月給もかなり高くなります。
求人情報を見る時は、基本給だけではなく福利厚生や各種手当を見て年収で考えましょう。

訪問介護ステーションの給料

病院だけではなく、訪問介護ステーションでも給料が高い求人があります。中には、月給が40万円、年収で600万円以上などかなり高い給料の求人があります。このように、給料が高い求人を出す訪問介護ステーションの特徴は、立地条件の良い場所にある施設です。事業所が駅前にある所は、多くの人が利用しやすいため介護に関する相談に訪れる利用者が多く収益があるためスタッフに高い給料を支払うことができます。
しかし、訪問介護ステーションの場合はケアマネの募集が1名など、募集人数が少ないことが多いので自分に合う求人だと思ったらすぐに応募をしましょう。少し考えてから、と時間をおいてしまうとあっという間に応募が打ち切られ、次にすぐ同じような高待遇の求人を探すのが難しくなります。

高給与の落とし穴

ケアマネの人は、だれもが仕事に見合った給料を貰える施設で働きたいと思います。しかし、介護業界の給料は他職業に比べて低いため、なかなか見つからないのが現状です。そんな時に高給与の求人を見つけたらすぐにでも応募しなくなると思います。しかし、中には激務のため給料を高めに設定している施設もあります。施設によっては、入社してすぐにケアマネ1人が担当できる利用者数の上限いっぱいに担当させられる場合があります。また、ケアマネが急に辞めたためその穴埋めで高い給料の募集を出していることもあります。

ピックアップ!

一歩踏み出す勇気

転職を考えていても、不安や悩みが多く行動に起こせない人が多くいます。そんな時は、自分が10年後にどんな働き方をしているのかイメージしてみましょう。いまの職場のままで理想の働き方ができていますか?もしできていないのなら勇気を出して転職を考えましょう。もっと見る