ケアマネが給料アップ!

他業種より昇給がしづらい介護業界の給料事情から、ケアマネが給料アップを目指すための方法を紹介しています。当ウェブサイトへのお問い合わせは【こちらまで】お寄せください。

2017.12.04

最後の難関の面接

第一印象は10秒で決まる

転職の最後の関門「面接」

ケアマネは、他の職種に比べコミュニケーション能力が高い人が多いですが、面接で不採用になることがあります。しかし、面接のマナーをしっかり守りポイントをおさえるだけで採用される確率は高くなります。面接時のマナーや良く聞かれる質問を紹介します。

面接時のマナー

面接で重要なのは第一印象で、人間は最初に対面した10秒で相手の印象を判断すると言われています。特にケアマネは人と接する仕事のため、身なりや服装には気をつけなければいけません。普段は私服で仕事をする機会が多いケアマネでも、面接ではスーツ着用が基本です。たとえ、スーツじゃなくても大丈夫ですと言われていても、基本的に私服はNGになります。ただ、介護関係の施設だと、黒色のスーツは喪服のイメージを持たれ印象が悪くなるので、紺やグレーを選びましょう。
女性の場合はヘアメイクも重要で、髪の色が明るすぎる、メイクが派手だと印象が悪くなるので、ナチュラルメイクを心掛けましょう。ナチュラルメイクが良いからといって、メイクをしないのも社会人としてのマナーとしてはNGの場合があります。その他にもネックレスや指輪、ピアスなどのアクセサリーは、仕事に対する姿勢を疑われてしまうのでやめましょう。

面接で聞かれる質問

面接は大体15〜30分で行われその間に質疑応答があります。ケアマネが転職時の面接で良く聞かれる質問に、「以前の職場は何で退職されたのでしょうか?」があります。この質問に対し、「給料が安かったので…」「同僚や先輩スタッフとの人間関係に悩んで…」などのネガティブな回答はしてはいけません。たとえ本当のことだとしても、面接担当者にとっては、前の職場の愚痴に聞こえるし自分の施設でも同じことで退職するかもと思われます。面接担当者に好印象を与えられる回答は、「ケアマネとして、より自分の可能性を活かせる職場を見つけたかったからです」など前の職場の経験を活かした前向きな回答です。
また、「うちの会社を選んだ理由は何ですか?」という質問もよくあるので、他の施設との違いを調べ「良かった」と思われるポイントを用意して起きましょう。

面接時の注意

面接時はきちんと相手の目を見て話すようにしましょう。相手の目を見ずにうつむいて話すと自信がない印象を与えてしまいます。また、きちんと答えなくてはと焦って早口になる人が多いですが、自分が思っているよりもゆっくり話すような口調で答えると落ち着いた印象を与えられます。また、ゆっくり話すことを心がけるだけで、自分も落ち着き緊張を和らげることができます。

ピックアップ!

一歩踏み出す勇気

転職を考えていても、不安や悩みが多く行動に起こせない人が多くいます。そんな時は、自分が10年後にどんな働き方をしているのかイメージしてみましょう。いまの職場のままで理想の働き方ができていますか?もしできていないのなら勇気を出して転職を考えましょう。もっと見る